ピルの副作用による事故報告書

ピルの副作用による事故報告書

避妊でピルを服用後に、血の固まり血栓による重傷や死亡する事故があります。女性にとっては避妊や生理痛の治療で服用する方も多い身近なお薬ですが、注意しなくてはいけない症状もあることをよく理解しておく必要があります。

ピルの副作用による血栓の原因

一般的にピルによる副作用は非常に軽いものであることがほとんどなのですが、服用する人によっては稀に重い副作用が現れることもあります。特にピルを服用することによる副作用の中でも重いものだと言われているものには血栓があります。血栓の副作用が出てしまうと場合によっては命までも落としかねないことにもなりますし、実際に死亡例も少なからず存在しているのです。それではこのように怖いピルを服用することによる副作用である血栓の原因には、どのようなものがあるのでしょうか。
血栓の副作用が出てしまう一番の理由としてはやはり喫煙をしているのにも関わらずピルを服用していることというものが挙げられます。つまり喫煙者はピルを服用するべきではなく、どうしても服用したい、または服用する必要がある場合はまず煙草を吸うことを止める必要があるのです。もちろん病院に行って医者からピルを処方してもらうという場合はしっかりと問診もしますので、服用している人が喫煙者であるかそうでないかは分かります。そしてまずヘビースモーカーの人にはそもそも処方しませんので、このような血栓の副作用が出てしまう危険はないものなのです。しかし稀に服用しようとする人が医者等に喫煙者であるという事実を隠して処方をしてもらったり、医者に処方してもらうのではなくインターネットを使って輸入業者等から購入した場合等に、問題が出ることになります。これらの場合は喫煙者にピルが渡ってしまうことになりますので、血栓の副作用が出る可能性が高くなってしまいます。なので大切なことは、喫煙者は服用することが出来ないという事実をしっかりと常識として知っておくことなのです。うっかり服用して血栓の副作用が現れてしまってからでは遅いのです。