ピルの副作用による事故報告書

避妊でピルを服用後に、血の固まり血栓による重傷や死亡する事故があります。女性にとっては避妊や生理痛の治療で服用する方も多い身近なお薬ですが、注意しなくてはいけない症状もあることをよく理解しておく必要があります。

大阪でピルの処方や子宮腺筋症の治療ができる

大阪にはピル専門外来のクリニックが多数あり、緊急避妊などにも対応しています。

「茶屋町レディースクリニック」は大阪市北区梅田の婦人科で、日本で発売が認可されているすべてのピルを取り扱っています。専門スタッフが服用の注意点や、安全な使用方法を丁寧に指導していくれるため、安心してピルを使用する事が可能です。また、専門クリニックとして多くの患者に処方するため、大量仕入れで薬剤の値段を安価に抑えてあります。子宮内膜症や子宮腺筋症にも対応しており、不妊症などの予防に薬剤治療を行っています。主治医からの紹介状があれば、院長によるセカンドオピニオンも受け付けています。

大阪市中央区難波の「星光クリニック」にも、緊急避妊ピルや低用量ピルの処方を専門とするピル外来があり、生理予定日を変更したい人にも対応しています。婦人科の診察では妊娠検査を始め、性病検査と治療、子宮がんの精密検査、婦人科の病気全般の診察と治療を行っているのが特徴です。

大阪市東淀川にある「医誠会病院」では、先進医療の切らない治療法であるマイクロ波子宮内膜アブレーションを採用しており、子宮腺筋症でも外科的手術を行わずに治療する事が可能です。切らない手術が適用できない症状であった場合でも、腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術で、傷を最小限に留める外科的手術を行っています。腹部に細い内視鏡を入れて行う手術で、カメラは足などから入れるため、腹部に傷が残りません。また、身体への負担が少ないので入院する日数が少なくて済みます。

子宮腺筋症は月経痛や貧血、不妊や流産の原因となり、放置しておくと悪化し子宮の摘出などが必要となる場合があります。痛みや違和感を感じたら、早期に婦人科で診察を受ける事をおすすめします。