ピルの副作用による事故報告書

避妊でピルを服用後に、血の固まり血栓による重傷や死亡する事故があります。女性にとっては避妊や生理痛の治療で服用する方も多い身近なお薬ですが、注意しなくてはいけない症状もあることをよく理解しておく必要があります。

生理時に鎮痛剤いらずになるピルと婦人科検査が必要

高い避妊効果があるといわれているピル、日本でも低量ピルが解禁になったことで、より確実に妊娠を回避したい女性たちが服用し始めているようですが、ピルを服用するに当たっては、婦人科で様々な検査を受ける必要があり、そういった検査にパスし、医師が問題なしと判断すれば処方してもらえるという仕組みになっています。
低量といえどもホルモン剤であることに変わりはないため、ピルを服用し続ける間は、定期的な検査は義務付けられており、厳格な医師などは、定期検診を受けない患者に対しては処方しないという姿勢を取っている方も多いようです。
さてこの低用量ピルですが、避妊効果以外にも、女性に取っては様々なうれしい相乗効果があり、中にはそういったことを目的として服用している方も少なくありません。
まず毎月訪れる生理周期を安定させてくれるという効果があり、まるでカレンダーのごとく、一日のずれもなく生理がやってきます。
生理予定日を確定できるということは、女性に取ってはとてもありがたいことで、生活の質が格段に上がることは言うまでもありません。
そして何よりうれしい効果は、生理が重い女性に取っては、鎮痛剤からさよならできるということで、毎月のようにのしかかる辛い生理痛に、鎮痛剤が手放せないという女性も多く、身体には良くないとは知りつつも、鎮痛剤なしでは日常生活もままならないため、習慣的に服用している方もいらっしゃいます。
ピルを服用し始めると、このひどい生理痛がすっかりなくなったという女性も多く、経血量も驚くほど少なくなるので、生理中も普段と変わりなく過ごすことが出来ると喜んでいる女性も多いようです。
時計を見ながら汚れた生理用品を取り変えに走る必要もなく、とても身体が楽になります。